ソコリキが考える社会貢献

近年、講演や研修を通じてご縁のできた皆さまから、「企業として社会貢献活動に携わりたい」というご相談を受けることが多くなりました。 ソコリキ教育研究所では、講演、研修、コンサルティングでの収益を、グループ団体であり、大住 力が代表を務めるHope&Wish「公益社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を[通称:Hope&Wish(ホープ&ウィッシュ)]」に寄付し、活動運営費に活用しています。 Hope&Wishは、全国に20万人以上いる難病を患う子どもとそれを支える家族全員を応援する非営利組織。活動を通じて、一人ひとりが“社会とのつながり”を実感し、「夢」をもつことができる社会の実現に取り組んでいます。 ソコリキの研修や講演をお受けいただくことが、社会貢献活動への寄与につながります。また、ソコリキの研修に、Hope&Wishに関わる活動を組み込むこともできます。 それぞれの会社・団体のご要望に応じた社会貢献活動へのアドバイスも、積極的に行わせていただいています。 社会貢献活動をお考えの企業・団体の皆さまは、まず、ご相談ください。

難病の子どもとその家族へ夢を

公益社団法人「難病の子どもとその家族へ夢を[通称:Hope&Wish]」は、全国に20万人以上いる難病を患う子どもとそれを支える家族全員を応援する非営利組織です。難病を患う子どもとその家族との永続的な交流をもとに、“家族” “いのち” “しあわせ”を実感し、社会で共に育み合う場を創出。「難病を患う子どもとその家族全員」と「社会」、双方向の“架け橋”を目指しています。

団体概要

団体名称 公益社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を 【通称:Hope&Wish(ホープ&ウィッシュ)】
代表理事 大住力(おおすみりき)
所在地 〒104-0042 東京都中央区入船2-9-10 五條ビル 4A
連絡先 TEL. 03-6280-3214 FAX. 03-6280-3215
URL. https://www.yumewo.org/ Email. info@yumewo.org Facebook. https://facebook.com/yumewo.org/
主な役員 永久最高顧問 日野原重明 氏(聖路加国際病院名誉院長)
※日野原重明先生は、2017年7月18日にご逝去されました。私たちは先生からの教えを皆で繋いで参ります。

顧問 野中 郁次郎 氏(一橋大学 名誉教授)
アドバイザー 細谷亮太 氏(聖路加国際病院 特別顧問) 他

■ 主な活動内容

ウィッシュ・バケーション(家族全員旅行)

個人や企業など、支援者の皆様からのご協力で、旅行中の身体的ケアや金銭的な面も含め、難病を患う子どもとその家族全員に楽しんでいただくバケーションです。

女性和太鼓奏団『ひまわりのやうに』

Hope&Wishの活動を通じて知り合った母親によって、全メンバーを構成しています。本活動で、女性の真の美しさや可能性、そして家族やいのちの素晴らしさ、を広く社会へ提供していきます。 他、各種チャリティーイベントの開催

HOME

PAGE TOP